明日が祝日の君らは凸し放題 2


概要

  • YouTubeを徘徊していたらあまりにも好みの曲に出会ってしまったので、その勢いのままその曲の作曲者であるとみめいさんに連絡を取り付け、放送で流す許可をいただいた喜びのまま放送開始
  • なので毎度のごとく喋ろうと決めていたネタは少ない
  • やばいなーやばいなーと思っていたらまこってぃが凸に来てくれてにっこり
  • まこってぃとはおすすめしていただいた映画の感想を話したり、読書の話をしたり、一級観光地である鎌倉に住むことの苦悩などを話していただきました。
  • Gさんには女性の上司との関わり方などの相談をしていただきました
  • みかりんさんには女性ならではの視点でGさんとの相談に参加していただきました
  • キノコポイさんには気になるあいつとの決着のつけ方について相談をしていただきました

配信後記

音楽に感銘を受けることは多々あれど、作者さんに直接連絡を入れて利用許諾をいただくという経験は初めてなのでとても緊張しました。

今回放送で使わせていただいた「Blue Summer」を作られた、とみめいさんは名古屋で活躍するグラフィックデザインやトラックメイクなどを手掛けるクリエイター。

ラブリサマーちゃんや、泉まくら、daokoと共通する切ない系のサウンドながらも、独自の音楽の地平線を切り開いていってくれるような期待感を自ずと持ってしまうような才能を感じました。

instagramに作曲風景なども投稿されておりとても格好良い。

普通にファンです。

まこってぃとは映画や読書の話をしました。

読書の趣味も似ているところがあり、やっぱり趣味が合うなーって思いました。

学生時代に友達とおすすめの音楽や小説をお勧めしあってその感想を夢中になって公園で日が暮れるまで話すというような記憶が蘇りました、やったことないけれど。

鎌倉近隣に在住のまこってぃはそこに住んでいる住民ならではの大変さなども話してくれましたが、都会住みの人間にコンプレックスを抱いている人間の僕は、結構ずっと「そうは言っても鎌倉はいいですよ!」みたいなことを言っていたので反省したい。

やはり人それぞれの苦悩はあるはずで、それを鑑みることなく羨ましがり続けるのは差別的でさえある。

Gさんには性別の違う上司との関わり方の相談をしていただきました。

お話しした感じ、Gさんは冷静でありながら人間的な温かみを感じるような人格に見受けられたので、その上司の人の方に問題があるように思えましたが、「でもやっぱり僕がミスするのが悪いんですかね、もっと成長しなくちゃですね」というような趣旨のことを言っておられたので、時間が経つとともに上司の方とも打ちとけ合い問題が解決すると信じています。

みかりんには男だけの視点で話していた話題に対して、女性ならではの視点を入れていただき感謝しています。

やはり、性別の差もそうですが、一人一人違う人間なのだから、仕事をする上での相互理解と円滑な人間関係の構築は大事だなって思った次第。

途中女性に対して配慮のないような発言もしてしまったかもしれませんが、みかりんの懐の広さに甘えてしまった結果なのでご容赦いただきたい。

キノコポイさんには配信上で喧嘩を売られた相手との決着のつけ方について話していただきました。

Gさんにも引き続き参加していただき、結果近所の漢方薬局屋のおっさんと相撲を取ってこいという結論に落ち着き、訳の分からなさに頭が沸騰しそうだよ。

配信情報

タイトル#20 明日が祝日の君らは凸し放題 2
掲示板URLhttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/radio/30423/1504280389/621-n
凸者(タグ) #まこってぃ #G #みかりん #キノコポイ
放送時間4:28:55
利用楽曲BGM : Bensound.com
利用楽曲Blue Summer / とみめい

関連投稿